2012年04月03日

11、見せてやる、検索システムの圧倒的検索力というものを……!


 大抵は、プロフィールと、掲示板検索機能ですね。

 キーワードを選択して、相手を選択するタイプのものです。

 とりあえず、年齢とあともうひとつ何かを加えて検索するのが一番いいでしょう。

 正直、この検索システムは誰が使ってもあまり差はないかと思うので、大事なのは新規入会者を狙っていく、ということですね。

 こまめに検索するのが一番です。


 あまり、長い時間サイトに入りっぱなしよりも、10分を6回といった具合に、分けてサイトに入った方がいいでしょう。

2012年04月02日

12、見せてやる、文字化けシステムの圧倒的うっとうしさというものを……!

 文字化けシステムというのは、特に完全無料サイトに多いシステムですね。

 元々は、個人情報保護の目的だったのが、円目的なども同時に封殺するため、一定の言葉を文字化けさせるというシステムです。

 NoelやNodeが、この文字化けシステムが一番厳しいかなと思います。


 文字化けばっかりになってしまって、という虫食いメールが届くことがあります。

 内容が普通なのに、何故……というのもよくあります。


 しかし、もちろん、ポイントサイトでもこの文字化けシステム(特にアドレスなど)は存在します。

 ただ、利益のためという側面もあるにはあるのですが、個人情報を守るセキュリティという位置づけもありますので、一概に文字化けが不都合ばかりというわけではありませんn。


 ただ、結論を急ぎたがる人にとっては、このシステムは情報防衛という観点で有益でしょう。


 ちなみに、ポイント制サイトなどは直メール交換には十倍くらいのポイントが必要なサイトが多いですが、今は簡単に携帯電話のアドレスが手に入る時代です。

 ポイント制サイトであっても、直メールというのは、違う意味でリスクが伴うということを、忘れてはいけません。


 すぐに直メや別サイト誘導というのはいわずもがな、論外ですので無視無視です。

2012年04月01日

13、見せてやるな、絶対隠せ! 思い知るなよ、直メオッケーの圧倒的情報収集力というものを……

 文字化けシステムの圧倒的うっとうしさのところでもちらっとお話しましたが、今回は、直メ攻勢についてお話します。

 サクラや業者が出会い系サイトを根城にする目的というのは、主に三つあります。

1、そのサイトを富ませる(会員・あるいは規模を大きくする)ため。

2、別のサイトへと誘導するため。

3、個人情報を抜き取るため。


 1は、いわゆる自演サクラです。


 サイトが自らサクラを雇って、サイトの会員数を増やそうというある意味ではまっとうなやり方です。

 ある程度の自演というのは、そのサイトが軌道に乗るまでは仕方がないとも思いますので、私は若干これは必要悪かなとも思います。

 まあ、自演サクラしかしかいないというのは論外ですが。

 2は、別サイトへと誘導するためのサクラです。


 このタイプのサクラというのは非常にワンパターンで、返信してもまったく関係ないことを返してくるか、どうともとれることを返してきて、こっちで「メールしませんか」です。

 基本、女性は数サイトも登録する必要がありませんので、こういう別のサイトでパターンはまず業者誘導と考えていいでしょう。

 もちろん、別サイトといってもMixiとかFacebookは別ですので、この場合は別の出会い系サイトを進められた場合ですね。

 MixiとかFacebookの情報を手に入れられるというのも、それはそれで痛手ですので、ある意味では考え物ですが。
 

 3は、会員のアドレスを目的にしたサクラもしくは業者です。
 

 直メでメールしない? と一回目に向こうからくるパターンは、完全にサクラか業者ですね。

 しかし、この手口は非常に巧妙化する場合があり、本当に普通の会員にしか見えないのに業者だったというパターンもあります。

(何故それがわかったかというと、念のためにフリーアドレスを渡した結果、大量にそれ以外のメールが来たので)

 人数が多いサイトだと別ですが、極端に過疎っているサイトなどは、こういう業者やサクラが発生する場合があります。

 登録した会員を人数が少ないことをいいことにカモにして、アドレスを抜き取っていくわけですね。


 ただ、そういう場合も、やたら返事が単文だったりするので、見極められる確立がゼロともいえません。

 いずれにしても、そういった巧妙な手口まであるのが、この直メールサクラあるいは業者ですので、注意が必要でしょう。 

2012年03月31日

14、見せてやる、オンライン検索の圧倒的リアルタイム制というものを……!

 オンライン検索システムというのは、ひとことでいうと、現在そのサイトにログインしている人を探し出すことができる機能です。

 つまり、サイトにログインすると、そのユーザーがトップに出るわけですね。

 この機能というのは便利で、別に掲示板更新がなくても、よくサイトを使う人は一番トップに躍り出るわけです。

 また、新規入会の会員も、同じようにトップに出るので、入ったばかりを狙うというのはチャンスです。

(もっとも、相手のプロフィールが書き込まれていないのに書き込むと、逆効果の場合もあります)

 
 掲示板でも、最後に書き込まれた順に表示されますので、これもやりやすいシステムですね。

 ただ、その場合、サイトに入ってはいるけど掲示板に書き込まないようなユーザーを取りこぼすので、プロフィール検索をあわせて使うことが必須となってきます。

 ポイント制サイトなどでは、さらに充実して、目的別掲示板などもありますので、更に使い勝手は増します。

 
 オンライン機能というのは、メールレスポンスの率を上げるのにはかなり有効です。

 ただ、逆にあまりオンラインに入っていないような人を狙っていくというのも、それはそれでいいのではないでしょうか。

 リアルタイムのやりとりというのは、やはり盛りあげやすい安いですしね。

2012年03月30日

15、見せてやる、チャット、掲示板、あしあとなどのSNS的戦闘力というものを……!

 これはSNS機能が充実搭載の出会い系サイトですね。

 掲示板は、リアルタイムのところで紹介したので、チャット、電話、あしあと、日記システムなどを紹介します。

 チャットシステムは、そのサイトにチャット部屋が備わっているということですね。

 連続でメールをするよりは、時間と暇が合うなら、チャットでやりとりした方が早いです。

 あしあとは、掲示板などを見たとき、見たよということを残してくれるシステムですね。

 メールを送らなくても、相手に見たということを伝えられるので、便利です。

 逆に、見たよということを伝えたくない場合、この機能を封印することも可能です。

 日記システムは、自分の日記を掲載できるシステムですね。

 やはりプロフィールだけではなかなか伝わりづらいものがあると思いますので、こうした機能を駆使することが、相手に知ってもらえる=警戒感が薄れる、好みの相手が見つかるということに繋がります。

 
 こうした、SNS的機能を搭載しているサイトが、最近増えてますね。
 
 特に、旧来の出会い系サイトのいい点とミックスさせて運用しているところは、出会い系サイトの最先端という感じがします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。