2012年02月13日

1、批評サイト・評価サイト・ランキングを鵜呑みにした俺涙目。

 ネットというものに親しみすぎたが故に、己の検索スキルを過信して至った、評価サイトに騙されるという最悪の末路です。


 もちろん、出会い系サイトというのは、ネットの業者でありますので、ネットの口こみ事情には詳しいわけです。

 また、アダルトサイトを運営している管理人と出会い系サイト運営会社が繋がりがあるというのも、珍しい話ではありません。

 やろうと思えば、批評サイトの制作にかかわらず、ランキングサイト、批評サイトも業者の手の入っているところはあるでしょう。


 ちょっと怖いのでどこがどうとかいう話はしません。にらまれたくないのでやりません。腰抜けでサーセンw


 よくありがちに騙されるパターンというのは、評価サイトから変なところ登録してしまった、というパターンです。

 評価サイトで評価が高くとも、地域や、条件によっては、全然流行してないように見えるところもあるでしょう。

 そういう意味では、信頼のおける評価サイトというのはなかなかありません。

 当ブログにしても、まったくもって、信用に値するほど公共性などはありません。

 ランキングも、はっきりいってあてにならないので、何も信用できないかもしれません。

 
 セックス体験談みたいな感じの評価サイトはまず論外です。

 あと、無駄に文字拡大とか文字色変えとかしまくってアピールしているところも、ちょっと感じ悪いですね。

 出会い系被害相談みたいなことをやっているところは、場合によっては、任意のサイトを不当に高く評価している可能性があります。

 口コミサイトも、サクラ可能なので、完全に信用できません。

 こういう癒着から解き放たれるには、ただひとつ。

 
 評価サイトで気になったサイトを自分でもう一度調べてみる、ということですね。

 賛否両論、いろいろ見つかると思います。


 個人的には、出会い系サイト口コミ評価が一番オススメです。

(私の一番のオススメとが一緒ですし、他のサイトの口コミも私の利用した記憶に照らし合わせると大体あっていたように思います)


 いろいろお世話になりましたし、ここの情報は正しいという情報を、ここに責任をもって掲載しておきます。
 
posted by じねんじょ at 16:53| Comment(0) | 出会い系極意二十条 サイト選びの極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2、完全無料という文句にだまされた俺涙目。

 完全無料! という謳い文句には気をつけなければなりません。

 完全無料! という告知があったとすると、私なら4パターンは疑います。


a、完全無料だけど、それは入会金だけ完全無料という場合。

b、たしかに完全無料なんだけど、結局、ポイントという代理紙幣を購入する形になる場合。

c、たしかに完全無料ではあるけれど、同時に提携サイトに山のように登録され、提携サイトはポイント制。

d、完全無料だけど、ワンクリック詐欺が山のように仕掛けられているサイト。

e、完全無料だけど、個人情報がいつのまにか抜き取られて出回ってしまう業者サイト


 私の経験からいうと、大体、この四つのパターンが「完全無料」を謳っているサイトのありがちなスペックといえます。

 明らかに詐欺で後悔するのは、aとdとeのパターンです。これは本当に悪質なので、完全に無視するのが賢明でしょう。

 bとcのパターンは、本当に千差万別で、このシステムでも使い心地的にはいい、というサイトはたくさんあります。 


サイト選びというのは基本的に完全無料サイトと、ポイント制サイト、定額制サイト、SNS系サイトの中から選ぶことになります。

aとdとeは完全に地雷ですので、無視するのが吉です。(というかそんなサイトとは出会わないのが一番)
 
bとcは、長い検証の末に適切なサイトを選ぶことさえ間違えなければ、わりとあっさり出会い系ライフを楽しむことも可能です。

 初心者は、大抵完全無料とポイント制のマジックにやられます。

 利用規約の料金体系を一読したら、差がはっきりとありますので(ポイント購入云々書かれたらポイント制)利用規約をまず一読するのがベストですね。

 あと、ポイント制でも完全先払い制のところは、まだ良心的といえるでしょう。 

ラベル:出会い
posted by じねんじょ at 16:48| Comment(0) | 出会い系極意二十条 サイト選びの極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3、定額制という言葉のやわらかさにだまされた俺涙目。

 定額制サイトは、サクラ地獄か普通のサイトの完全に二極化しています。

 長期的に見れば定額制もいいのですが、何せ選ぶのが一番難しいところでもあります。

 まじめにまっとうな出会いを探している方は、料金体系やシステムのしっかりした定額制サイトを探すのが吉です。

 しかし、当方は定額制でこっぴどく失敗した経験しかないので、あまり参考にしない方がいいと思います。


 SNSサイトというのは、FacebookとかツイッターとかMixiじゃない、出会い系SNSのことです。

 正直なところ、これらのSNSを用いるよりは、このシステムが搭載している出会い系サイトを探す方が簡単です早いですので、おすすめはしません。

 結局のところ、SNSというのは真にまっとうな手段と思いますので、それで頑張れる方はそこで頑張るのが吉です。 

 FacebookやツイッターやMixiも、やりようによっては十分、橋繋ぎの役目を果たしてくれます。


 ただ、どれもリアルの友達が何人もいることか、専門的な能力がないとどうしようもないので、結局リアルの交友能力の延長線上になってしまう側面はあるでしょう。

posted by じねんじょ at 15:49| Comment(0) | 出会い系極意二十条 サイト選びの極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4、トップの猥褻画像・あるいは猥褻文句にあてられた俺涙目。

 すごく単純な話です。

 エロい画像があるからといって「おれもヤれる!」と勇んで登録すると大抵ひどい目にあいます。

 エロは釣りです。

 餌に食いついてはいけません。

 何らかの利益や目的もなくそこに裸体がさらされているということはないのです。


 体験談でもいいましたが、むらっときたら、まずヌいてから考えましょう。

 性欲を持て余すのはわかりますが、性欲に負けているうちは出会い系では勝てません。
posted by じねんじょ at 14:59| Comment(0) | 出会い系極意二十条 サイト選びの極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5、ポイント制・電話番号登録を頑なに拒否した俺涙目。

 さて、最後は今までの逆です。


 数々の自爆によってすっかり出会い系不審に陥った私ですが、そのためにポイント制サイトや携帯電話番号あるいはメールが必須なサイトに必要以上に怯えてしまいました。

 今から思えばまったくのナンセンスなんですがね。

 
 そういうリスクもなく、いい出会いなどあるわけがないのです。

(もちろん、リスクだけあって出会いがないパターンの方も無数にあるわけですが)


 出会い系に(特に無料)親しんだものだからこそ、ポイント制のいいサイトを逃してしまう、というのはよくある失策と思います。

(特に、現行では最高のサイトのひとつだと思われるワクワクメールはポイント制でしかも電話番号、携帯メール登録必須です)


 携帯電話の番号やメールなど個人情報はたしかに大事ですが、それを惜しむくらいなら出会い系に挑むなということですね。

 逆に言うと、それだけ、サクラや業者の登録を防ぐという側面に繋がるわけですから、まさしく長短併せ持っているといえるでしょう。

 
 
posted by じねんじょ at 13:51| Comment(0) | 出会い系極意二十条 サイト選びの極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。