2022年02月22日

オナ充がリア充にあこがれる唯一無二の動機「オタクの俺にも彼女欲しい」(第一章)

 私、じねんじょはオタクでした。


 いや、正直に白状すると、今もオタクです(自己評価)。

 しかし、リア充のオタクがいるとすれば、それは私のことだと思います。


『あの夏で待っている』で萌え萌えしまくり、アナザーを見ながらめいたんはあはあといってる、わりと普通のオタクです(普通か?)。

 高校時代には既にエロゲー三昧で、KEYの名作を始め、アージュ、TYPE-MOON、イノセントグレイなど、多くの名作が生まれた時代、私もまたしこってました。

 オナ充のオタクであったことは胸を張っていえます。

 もちろん、彼女はすべて脳内もしくは、たくさんの彼女がパソコンのなかにはいました。

 個人的に最高にしこりまくったのは、君が望む永遠ですが、まあそんな趣味嗜好はおいておきまして。


 そんな素晴らしい時代に生まれたことは私にとって幸運であり、不幸でもありました。


 高校を卒業し、大学へと私は進むわけですが、はっきりいって、ひどいコミュ障だったと思います。 

 高校時代、思うまま二次元で快楽と感動をむさぼっていたつけというものでしょう。 

「ねえ、××くん」

 といわれようものなら、下半身のむずむずを感じつつも「な、なにかな」とどもりがちに反応する、それが私でした。


「XXくん」

 と呼ばれようものなら、目を合わせ、そして視線をそらしちょっと足元から胸元を観察する、それが私でした。(ちなみに彼女候補になりうるかどうかも考えました)


 一言でいうと、生人間に対する免疫というものが、高校時代の自堕落によって、すっかり枯れはてていたのです。

 しかし、そんな私にも、人並みの夢がありました。

「つまりそれは、彼女をつくり、思うがまませいよ……ああいやいや、彼女と心を満たし合いたい」

 という言葉にすれば途轍もなく気持ち悪い願望です。

 もっとダイレクトにいうと

「彼女欲しい彼女欲しい彼女欲しい彼女欲しい彼女欲しい彼女欲しい彼女欲しい……!」

 となるでしょう 笑


 ただ、私というものに与えられていた、同年代の若者たちのイメージというのは、(それは彼女という対象になりうるという意味も含めて)どう逆立ちしてもそういう対象(仲良くとか、親しくとか)にはなりえないものでした。
 
 従って、無駄にネットスキルだけはあるという自負のあった私(もちろんエロサイトの動画落としで培った私)は、そうだ、ネットで彼女を探そう! と思い至ったわけです。


 しかし、まだSNSさえなかった時代です。

 私が狩りの矛先を向けたのは、出会い系サイトというリア充者の集まりのようなサイトでした。


 現在でこそ、二ヶ月にひとりくらい会うことができるようになり、またそこで彼女、もしくは彼女らともめぐり合いましたが、当時は、それはそれは悲惨な夢と勇気の大冒険でした。

 このブログでは、どうやって現在まで私が彼女持ちという身分にまでたどり着いたか、また出会えるサイトはどこかなど、掲載していきたいと思います。

 ちなみに、彼女が私がここまでオタクということは知りません。(若干、オタクということは知っている)

 とりあえず、めいたんはあはあ。

 彼女の作り方に正解などありません。ということは間違いもありません。彼女と間違えてしまう(若気の至り的な意味で)のもある意味正解なのです。

 しかし、ゴムはもっておきましょう。そればっかりは、間違えたら大変です。

 心にゴムと希望を持て!

2012年02月12日

第二章:精神的早漏だと出会い系ではやっていけない

 結局、私がここまでまともに出会い系サイトを活用できるようになったのも、失敗の積み重ねがものをいっているのです。

 ここで重要なのは、成功の積み重ねではない、ということです。

 正直なところ、成功する人はどうやっても出会い系サイトというのは成功できるように出来ているのです。

 コミュニケーション能力、年収、内面、外見しかり。

 そういったものを持ち合わせない私は、テクニックがつくまでは、ひどい失敗の連続でした。

 そして、そこから見出した成功法というのは、やはり私だからこそできる成功法であるといえます。

 つまり、私のいっているようなやり方をやっても、失敗の積み重ねがないとそうそう上手くはできない、ということです。

 私もなんだかんだで、出会い系サイトを続けて7年になります。

 継続は力なりではありませんが、やり続けると、それなりに見えてくるものもあるものなのです。

 私が失敗した、最初にして最大の失敗をまず紹介したいと思います。

 
 現在では、サイト選びの方法など、いろいろなノウハウサイトがありますが、当時はまったくありませんでした。

(逆に、現在ではノウハウサイトはたくさんありますが、どこからも息がかかってないところを探すのは難しくなっています)

 そんな私だったので、若い下半身の赴くまま選んだのが、ポイント制サイトの「童貞なんちゃら」というサイトだったと思います。

 ようするに、下心丸出しで、性欲の導かれるままに選んだサイトということです。

(加えていうと、お気に入りのエロ動画サイトに掲載されていたサイトであったこと、若い人は怖いのでちょっと年上のお姉さんで脱童するぞという意気込みがあったと思います)

 そこで、ポイントシステムという魔の手に引っかかり、ポイントを消費しては継ぎこみ、出会う約束をしてはドタキャンされというのを繰り返したあげく、私は悟りました。


 ああ、これはサクラによるサイトだったのだなと。


 そのサイトにつぎ込んだ金額は、6万円にも及びます。

 エッチ約束 → やっぱり無理という古典的な詐欺にひっかかりまくった挙句の自滅です。

 他のレビューサイトを参考にすると、そのサイトは明らかに金銭搾取目的のサイトであることが判明しました。

 もちろん、すぐさま退会してやりました。

 最初の出会い系体験は、ほろ苦い印象しかありませんでした。


 ここで、私が手に入れた教訓はひとつです。

「サイトを選ぶとき、新しいサイトを始めるときは、まずヌいてから考えろ。まずはこれ! 話はそれからだ」

 直情に導かれるまま結論を出してしまうのは、ホントまさしく、この早漏が! ということなのでしょう(それをさしひいても私は早漏ですが)。

2012年02月05日

第三章:そう簡単に魔法使いになれる、なんて思うなよ

 最初の大失敗のあと、さすがに凹んだ私は女の子を抱きまくりました。

 あ、もちろん、二次元なので妄想の上で抱きまくったんですけど。

 SNOW、friend、サナララ、Fate……買っては感動し、そしてほどよく発散し、を繰り返しました。

 で、抜いていく内に、大人のおもちゃを買うかどうかさえ考え始めました。

 しかし、さすがに一回目をそれで終えてしまうと、将来が心配で仕方がないので、心残りはあったもののあきらめました。(現在は持ってますがw)

 そして、ギャルゲ漬けの毎日を送るうちに、前回のどこがいけなかったかを考えるようになりました。

 
 話は実に簡単なことなのです。

 つまるところ、ポイント制のサイトだからといって出会いが保障されているわけはない!

 むしろサクラと金銭関係の縮図がそこにある!  ということです。


 そこで今度は、数うちゃあたる戦法に出ることにしました。

 そう、完全無料サイト片端から登録して、プロフィールを書いて、コピーメールを送りまくるという作戦です。

 記憶にある分だけ羅列していくと、「HAPPYDAYS」「フリーメール」「センター」「直アドゴーゴー」「ノエル」「メルスタ」「To you」etc…….


 結論をいいましょう。

 とりあえず、この段階では「全く出会えませんでした」。

(あ、別にこれをやったら出会えた! というアヤシゲな情報商材を売りつけたいわけではないのであしからず)

 しかし、この段階で、「全く見ず知らずの女の子とメールで会話する」という目的を達成することはできました。

「下ネタ話」までには行かなかったのは非常に残念なところですが……。

 現在の私の視点でいうと、足りなかったところはただひとつです。

「携帯アドレスに移行するいいタイミングが、コミュ障の私はまったくもって掴めておらず、挙句に自然消滅した」

 ということにつきます!

(とりあえず、各個別の評価とか、同時登録とかはひとまずおいておきます)

 で、一年くらい出会い系から離れて、それなりにオタクな大学生活を送っていました。

 しかし、周囲が彼女やら何やらを作っていく内に、私の熱が再燃してきました。


 幸か不幸か、私のコミュ障も、日常生活を送っている内に大分ましなレベルになっていたので、風俗に行くのも秒読みに入っていたのです。



2012年02月04日

第四章:べ、別に処女かどうかなんて質問、し、したわけじゃないんだからねっ

 風俗で童貞を卒業するのが早いか、オナホで童貞を擬似卒業するのが早いか、はたまた大学を卒業するのが早いか。

 それとも、永遠に二次元の存在に届かない精液(おもい)を飛ばし続けるのがいいのか。

 あふれ出る性欲は、対外的にはましになっていましたが、その内実は、マグマのように煮えたぎっていたのです。

 結局、もう一度出会い系サイトをやってみよう、ということで落ち着きました。

 どうしても、どうしてもできるだけ自然な形を(おそらくはギャルゲの影響で)心から望んでいたのです。


 で、結局、特に新しいサイトには登録せずに、そこそこ評判のよかったセンターとノエルに的を絞ったわけです。

 幸か不幸か、一度冷却期間はあったので、同時登録サイトは退会扱い、ポイントサイトとは縁を切って思う存分使うことが出来ました。

 そして、コピーメールをやめ、文字化けに気をつけ、誠実に対応した結果、三人とアドレス交換までたどり着きました。

 そこで、現在の彼女……ではありません、前の前の前の彼女と出会ったわけです。

 残念ながら、一時期付き合っただけで(肉体関係含めて)もう別れてしまったのですが、私にとっては最高の出会いでした。

 正直なところ、私からそのようなことを申し出るのは不可能だったので(何せ元コミュ障)、経験のある向こうの手ほどきで(早漏でごめんなさい)あと酔った勢いで(酒臭くてごめんなさい)、初めての一夜を終えたわけです。


 はっきりいって最高に幸運な男だったと思います。


 こうして、メールの返し方など様々なことを学び、次の彼女、そして現在の彼女とも会えました。

 とりあえず、私の最初の夜の話なんて誰も興味がないと思いますので、次回はその彼女と会ってからの出会い系サイト、そして現在の状況をお話したいと思います。
 

2012年02月03日

最終章:こ、これがリアルボーイ・ミーツ・ガールの威力なのか……!

 現在、私がメインで使っているのは「ワクワクメール」(ポイント制サイト)です。

 サブで、「アドちぇき」「YOU&I」「Nude(センター改名)」「Noel」を利用しています。

 といっても、「Noel」「Nude」「YOU&I」はあくまでも、暇つぶし見たいなもので気長にまったりと、アドちぇきとわくわくメールはそれなりに真剣に、です。

 前の彼女と出会ったのがアドちぇきで、今の彼女と出会ったのはワクワクメールです。

 「Noel」「Nude」「YOU&I」は、それぞれアドレス交換までいったのが全部で7人、実際に会ったのが四人です。

 ちなみにこれらは4年かかって地道にこつこつした結果なので、多分打率的には一厘以下と思います。

 
 やっぱり、どんなにテクニックがうまくなっても、タイミングにはかないません。


 どのどう仕掛けるかで、勝敗は決してしまうものです。

 正直なところ、今はあんまりエッチな目的にはつかっていません。

 どちらかといえば、出会い系の醍醐味というのは、出会えないのをどう出会えるようにするか、がわかったときが最高に楽しい瞬間だと思います。

 それぞれのサイトのいい点悪い点(というのも、これらのサイトは他サイトでもそれなりに評価が高いサイトなので)を紹介していきますが、それはみなさんにもこの最高の瞬間を味わってほしいと思っているからです。

 ちなみにいえば、これらのサイト以外で粘っても、あまりいい結果には繋がりにくいと思いますし、やってる方がしんどくなるとも思います。


 このサイトの数、そして、これらのサイトのそれぞれの特性が、一番いいフォーメーションになると、私個人は思っています。

 
 さて、以下は余談というか自慢話になるので、読み飛ばしてくださって構いません。


 今の彼女は、ようやく見つけたネタが通じるコスプレイヤーの人で、しかも日常生活では擬態している人でもあります。

 正直なところをいえば、コスプレをお願いすることはありますが、まだ事には及んでいません。(いちか先輩のコスプレには思わず前かがみになりましたが)

 前の彼女とも、事に及ぶ前に、自然と別れることができました。

 欲を満たすだけが出会いじゃなく、やはり出会うまでの過程を楽しんでこそ、出会い系は楽しいのだと、私は思います。

 オタクだけど彼女がほしい、いやむしろオタクだからこそ彼女がほしい。


 いや、そんなことないぜオタクきめえ、な方も含めまして、私の出会い系体験談を楽しんでいただけたら幸いです。


 ただ、いっときますが、逆援助とかSMとかアナルとかいう単語はまず無理だから! 釣りだから! あと円目的じゃない即エッチなんてないぞ!

 そして、童貞に限って処女がいいとかいってるけど、童貞と処女のセックスなんてしんどいぞ! やりにくいぞ! ドキドキしてコンディションがわけわからんくなっちゃうぞ!

「人は信じることで救われるのかもしれない。だが、オナニーは、オナニーは、私に何も答えてはくれなかった……! 教えてくれたのは、私が孤独ということだけだ!」BY じねんじょ

「女の子とメールしただけで勃起? はん、なっさけないな。俺はメールしただけで、相手を勝手に想像して、今日のオカズに一直線だぜ!」BY じねんじょ

「相手を傷付けたくない……だと? お前、自分のちんこの気持ちを考えたことはあるのか!! お前のちんこは、何もできなくて傷ついてんだよ!」BYじねんじょ

「彼女がほしい? そう思うんなら、自分が愛されるなんて幻想は童貞と一緒にさっさと捨てな。そして、愛される人間(ちんこ)に脱皮するんだ!」


 最後に、エールを送っておきますw


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。