2012年05月24日

17,メールは何故途切れた! 坊やだからさ

 さて、ファーストメールが成功したからといって、浮かれてはいけません。

 次はいわゆるセカンドメール、そしてセカンドデイでぷっつん対策です。

 ファーストメールで返信があっても、この段階でメールが途切れることは非常に多いのです。

 原因は、主に四つ考えられます。

1、セカンドメールとファーストメールのギャップがありすぎた。

2、急ぎすぎて短文、あるいは質問に答えるだけのメールになっている。

3、レスポンス早すぎてどんびき。


 1は、最初にインパクトを狙いすぎて二通目が普通すぎてテンション下げすぎ、みたいな感じですね。

 あまり人格が変わりすぎると、それはインパクトでなくて単なる「変な人」なので気をつけてください。

 一定のテンションを保ち続けると、そこまで怪しまれませんが。


 2、メールを早く返そう、と思うあまり、質問に答えるだけ、あるいは短文すぎて、メールの流れがストップする場合があります。

 三回目まで繋がれば、そこそこ長続きする見込みはあるので、あとはセカンドデイ対策をするのがいいでしょう。


 3、レスポンスがあまりに早すぎると、「この人出会い系ばっかりやってるの?」とどんびきされます。

 できるだけ、決まった時間にメールを返すこと、一日に五度くらいまでに控えること、など考えながらメールしましょう。

 
 セカンドデイ対策は、一日目は盛り上がったけど二日目に切れた、な感じの状況を指します。

 即会い狙いなら別ですが、始めの日に盛り上がりすぎてしまうと、次の日続かなくなります。

 できるだけ、向こうからメールをやめるのでなくて、こちらから「明日メールするね」と流れを切るようにしましょう。

 必然的に、こちらが主導権をとれますし、向こうにとっても内心ありがたいことはずです。

 メールの流れを切るタイミングというのも、その人の人柄を大きくあらわしているといえます。 


posted by じねんじょ at 13:33| Comment(0) | 出会い系極意二十条 メールハウツー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。